北海道宿屋塾

宿屋大学×北海道宿屋塾コラボ企画のご案内

開催要項

日時平成30年10月20日(土)13:00 ~ 21日(日)18:00
場所ホテルレオパレス札幌(アクセス
住所札幌市中央区南2条西8丁目6-1
定員20人(最少催行人数15人)
参加料50,000円(税別)※懇親会会費は含まれておりません
運営者情報企画・運営・主催をご参照ください。
お申し込み方法お申し込みについてをご参照ください。

開催内容

「短期集中 PHM養成講座@北海道~集客&売上向上・顧客づくり&収益改善のためにマネジャーが会得すべきノウハウと技術」

宿屋大学×北海道宿屋塾コラボ企画
2日間で4時間×3セッション!

宿屋大学と北海道宿屋塾は共催で、「短期集中 PHM養成講座@北海道」を開講いたします。
宿屋大学の東京本校で長年開催している「プロフェッショナルホテルマネジャー養成講座」の短期集中講座です。東京では8カ月間で16講座を開催していますが、今回の北海道版は、二日間で3講座を開講します。

マーケティングで集客し、売り上げを高め、顧客づくりを実施し、オペレーション上の収益改善を行なう。このホテル・旅館経営の一連の流れをお伝えし、ホテル・旅館経営者、マネジャーが最低限理解すべきノウハウと最新技術を習得いただきます。
また、本講座の特徴は、クラス内だけの学びにとどまらないことです。
事前課題や学びを実践していただいて成果につなげるところまでを目指します。
講師や事務局、クラスメイトとはオンラインのグループにてつながり、講義前後はもちろん、その後もずうっとつながる仲間になります。

東京のPHMに行きたかったけれど、時間に余裕がなくて行けなかった方、短期間で、ホテルマネジメントのポイントを押さえ、今後どのようなマネジャーになっていくべきかを模索したい方、同志のネットワークや業界の最新トレンドを手に入れたかった方などなど、ぜひ、ご参加ください。

講演内容

プログラム①「ホテル・旅館のためのデジタルマーケティング」

10月20日(土)13:00~17:00
講師:(株)コレリィアンドアトラクト 代表取締役 松本慶大 氏
いまや、宿泊予約をする人の大半がネットを利用しています。インターネットを使ったマーケティングは、ホテル・旅館経営の要といっても過言ではありません。本講座では、マネジャー・支配人として、最低限知っておくべきデジタルマーケティングの最新トレンド、宿泊プラン造成のコツなどをお伝えします。

プログラム②「レベニューマネジメント&CRM」

10月21日(日)9:00~13:00
講師:C&RM(株)代表取締役社長 小林武嗣 氏
ホテル経営のスタンダードになっている「レベニュー・マネジメント」と「CRM」の二つの概念と基本的なプロセスを理解いただきます。レベニュー・マネジメントの演習は実際のホテルデータに近いものをベースに、データ分析をして売値を導き出していただきます。
CRMの演習は、仮想のホテルの会員制度を企画し、オーナー経営者に向けてのプレゼンテーションをしていただきます。レベニュー・マネジメントもCRMも、担当者のためのテクニックを学ぶのではなく、マネジメントとしてこの二つの概念をしっかり理解して、担当者とコミュニケーションし、的確な判断できるベースを習得することを目的とします。

プログラム③「ホテル・旅館の収益改善手法」

10月21日(日)14:00~18:00
講師:ホスピタリティマネジメント(株)代表取締役社長 菅野潔氏
宿泊、料飲、宴会といったホテル・旅館のビジネスの特性を把握し、収益改善のポイントを学びます。ホテル・旅館の経営マネジメントにおいては、顧客満足と社員満足を高めたうえで利益を出すことが求められますが、本講座では、オペレーションの効率化、マーケティング、人材マネジメント、PLの見方など、支配人、マネジャーが身に着けるべき知識・スキルを総合的にお伝えします。

【こんな人におススメです!】

  • ホテル・旅館でマネジメントを担っている方
  • ホテル・旅館で将来マネジャーをやりたい方
  • ホテル・旅館の経営者・後継者
  • 北海道の宿泊業界に同志のネットワークを持ちたい人
  • 宿泊ビジネスに興味・関心のある方どなたでも

講師プロフィール 松本 慶大(まつもと けいた)氏

株式会社コレリィアンドアトラクト 代表取締役
株式会社DMC天童温泉 取締役  ホテル・旅館専門WEBコンサルタント
株式会社ジェイティービーにて法人営業を担当。入社4年目でグループリーダーに就任(当時最年少)。3年連続トップセールス表彰を受賞。2009年5月株式会社コレリィアンドアトラクト設立 代表取締役就任。宿屋大学 講師、観光庁「ニューツーリズム普及促進モデル事業」有識者委員、全日本SEO協会 認定SEO・WEBコンサルタント、宣伝会議認定 デジタルマーケティングプロデューサー、観光経済新聞「ウェブで稼ぐ」コラム執筆 http://www.collely-at.com、著書「ホテル・旅館のウェブマーケティング実践術80」

講師プロフィール 小林 武嗣(こばやし たけし)氏

1968年生まれ。東海大学文学部日本史学科卒業後、現NECソフトに入社。大型汎用機を主体としたシティホテル向けPMSに携わる。96年、NECソフト退社。現株式会社サイグナスを起業し、代表取締役に就任。2年ほど製造業を主体とした開発に従事するが、97年NECと共同でNEHOPS-EEの開発を請け負い、日本初のパソコンシステムによる大型シティホテルの成功事例を作る。その後、NEHOPS-EEの開発センターとして全国のシティホテルに導入。2002年、マイクロス・フィデリオジャパンとの協業を開始し、日本初のCRMシステムをリリース。04年、NECソフト時代の元上司の丸山に代表取締役を譲り、副社長に就任。その後、一貫してホテル業に対するCRMの普及をめざし活動。12年には、CRMとRMの融合の実現を念頭にC&RM株式会社を設立。

講師プロフィール 菅野 潔(すがの きよし)氏

都ホテル東京、ホテル西洋銀座(開業準備室、オペレーションセンター、宿泊 予約セールス&マーケティング、事業開発室の各マネジャーを歴任)、その後セゾングループとNTTの共同事業である国内初の総合会員制ホテル・ウラク青山の開業に参画し取締役総支配人を経て、2003年ホスピタリティマネジメント株式会社を設立。
ホテル・旅館・レストランの経営改善、運営改善、経営再建、開業サポート、事業分析、人材能力開発、マーケット調査等を実施。
現場と経営者の双方の視点から運営・経営を見、ホテル・旅館・レストランなど、ホスピタリティ産業全体のサポートを行なっている。

お申し込みについて

お申し込みフォーム

下記のフォームのいずれかよりお申し込みください。

メール

ty-873@major7.info までご連絡ください。

FAX

下記の申込書に必要事項をご記入の上 011-522-0021 までご送信ください。

過去の開催

Facebook

北海道宿屋塾はFacebookを利用しています。最新の情報をご覧になりたい方はFacebookページも合わせてご覧ください。
https://www.facebook.com/hokkaidoyadoyazyuku

北海道宿屋塾設立の概要

北海道宿屋塾からメッセージ

「人を優しく思いやること」
    北海道宿屋塾 代表 柳森 利宣

4つの思い

昨今のホテルマーケットは訪日外国人の増加、東京オリンピック開催決定など、都市部では金融商品としてのホテル・不動産流動化の為のホテル開発、ホテル進出が多く見られる。一方で首都圏以外の多くのホテル・旅館はそれぞれの場所において、地域に必然性があり、旅の目的に叶うホテルとして営みを続け、地域経済と共に存在する。そこにもまた多くの人が働き、お客様をお迎えし、おもてなしをして地域の産業と連携しながら情報を発信し、地域の観光産業を支えながら働いている多くの仲間、後輩たちが居る事を忘れてはならない。日本の観光は一か所の場所で存在しえないと言う事も心の中にそっと仕舞っておこう。

旅の目的はお客様一人一人皆違い、旅の目的にあったホテルをお客様が多くの場所、多くの選択肢の中から選ぶ時代である。お客様に選ばれる条件、選ばれるホテル旅館にする為に必要な事は何かを常に考え、新しい形に変化させる事、それはお客様に居心地が良くて大きな感動を与え、もう一度この場所に訪ねてみたいもう一度あなたに会ってみたいと思ってもらえる努力を重ねることに違いない。お客様に居心地の良さを提供するために、地域の文化・自然・四季折々の景観と安心・安全な食の提供が出来る事こそが大切なことであり、サービスする我々の気持ちがお客様に思いとして伝わった時に、ホテル旅館の最大の価値がうまれるのである。

4つの思い
それはいちばん大切なお客様への思い・お取引先様への思い・共に働く仲間たちへの思い・そして私たちが働く会社への思いである。

ホテルで働くと言う意義を共有し、志を共に一緒に働く仲間達。ともに地域にあり、ホテルの営業を支える地元の生産者さんや商店の経営者。そして我々の仕事環境を常に健全に維持し経営を支える会社。この3軸が整い、4軸目のお客様軸に相対していく事のすべての準備が整うということである。そして地域においてのホテル旅館の歴史文化の積み重ねとなる。

最後に新しい脅威として、私たちが考える必要がある事は気象の大きな変化に関連する自然災害である。また同時に安全安心を根底から覆すテロなどである。私たちは地球環境を守りながら、今こそ、自然と人に感謝をし・人をやさしく思いやり、自然を思いやり、お客様にもう一度この場所に来てもらう事の大切さを考えながら、日々お客様をお迎えする形を整えて運営を継続していく事がホテル旅館にとって、そこで働く人にとって最も大切なことである。脚光を浴びる地域・場所以外にも多くのホテル旅館がある事を決して忘れてはいけない。「人を優しく思いやること」

宿屋塾開塾に向けて

未だに自然一流・施設二流・サービス三流と表現されている現状があります。

今一度原点に帰り、業界に関わる様々な方々の講演会を通して経験・知識・お知恵を講話していただきます。 又勉強会を開催したいと考えています。

多くのホテル・旅館の経営形態が変わる時代に、所有のあり方・経営の新しい収益管理の手法・ 運営の新しい流通経路と販売手法等を勉強する場が必要であると考えています。 同時に「新しい形のホスピタリティーの有り様を共に学ぶ」機会を創出したいと考えています。

観光立国を支える北海道のホテル・旅館の将来への課題を考える

  • 新しいホスピタリティーの形を考える
  • ホテル・旅館の事業継承問題
  • ホテル旅館の耐震問題
  • 旅行商品の流通経路の変化への対応
  • 新しいビジネスモデルの構築
    町おこしと街の情報発信として、ホテル旅館が果たす役割
  • 将来のカジノ法案IR法案への取り組み

内容

  • 経営者向け講演会・勉強会の実施
  • 経営者向けの情報提供
  • 総支配人・幹部社員の・講演会・勉強会等開催
  • 新しい旅行商品の流通経路「IT勉強会」
  • 新しいホスピタリティーの形、創出

北海道宿屋塾の後援企業及び学会・団体

ビジネスとの連携

宿屋大学・株式会社オータパブリケイションズ

学の連携

観光情報学会・北海道地域観光学会

官の連携

公益社団法人 北海道観光振興機構

組合・協会との連携

札幌ホテル旅館協同組合
北海道ホテル旅館生活衛生同業組合

宿屋塾の今後の予定

月例の講演会の実施 毎月1回
月例の勉強会の実施 毎月1回~2回

企画・運営・主催

名称宿屋大学×北海道宿屋塾コラボ企画
主催北海道宿屋塾・宿屋大学
幹事柳森 利宣
運営

株式会社 メジャーセブン

札幌市中央区南8条西3丁目10-10
ベストウエスタンホテル札幌中島公園内
TEL&FAX 011-522-0021
携帯電話 090-9513-9140